漫画・ゲームの総合情報サイト|アニメバズ

坊や哲 懐かしい漫画・アニメ

「坊や哲」の麻雀強さ(上手さ)ランキング

投稿日:1月 5, 2018 更新日:

tetsuyad01●画像出典:bellbusinesspark.com

坊や哲とは

1997年から8年間に渡り少年マガジンで連載された麻雀の漫画。
舞台は戦後。哲也という名前の青年が麻雀を通じて玄人になるまでの戦いが描写される。

始めは「確率」や「読み」が麻雀の勝敗を左右し、さらにその時に運が一番持っているものが勝つと思っていた哲也(主人公の坊や哲)だが、のちに師匠となる房州さんとの出会いをきっかけに、あらゆる玄人たちと対戦しながら考え方が成長していく過程が描かれている。

原作者は「さいふうめい」、作画は「星野泰視」。もちろん、完全にフィクションの漫画で、麻雀における地方ルールが採用されている展開もある。

パチンコやアニメにもなった、マガジンの超ヒット作品。

 

 

勝敗や展開から考察する強さランキング

麻雀強さ(上手さ)ランキング5位【ダンチ】

●画像出典:bellbusinesspark.com

哲とコンビを組んでいた雀士。本名は早見たつを。

最初はお調子者の性格とちょっとマヌケな面があって頼りなかったが、哲の絶大な信頼があって、弟子としてオヒキとなる。

積み込みにおいてもみるみる上達し、雀力においては哲も安心するほどの力を持つほどに。

哲とのコンビネーションはバッチリで、お互いに通しのサインで息があった試合展開を。実際にダンチ抜きでは哲が勝てなかった麻雀もたくさんある。

哲とのコンビ解消後、哲に麻雀で負けてしまう。さらにその後はダンチ新撰組という麻雀の組織を形成。だが、哲が新宿に帰って来るや否や、またオヒキとして活動。華麗なツバメ返しができるほどに成長した。

作中の終盤では黄金のサウスポーと呼ばれるほどに東京界隈では名の通った立派な雀士に成り上がった。

 

 

麻雀強さ(上手さ)ランキング4位【ドサ健】

●画像出典:www.nicovideo.jp

生粋のギャンブラーで新宿のバー葵のママであるまゆみの恋人(別れることになる)。

新宿や上野で雀荘に入り浸り、たくさんの客をカモにしていて、哲にも勝利。

その後、ラスベガスまで渡米してカジノで300万ドルをゲット。帰国してから哲と麻雀で再戦し、哲が成長していたこともあり敗北を喫する。

最終的には再度渡米してディーラーとしてカジノで働く。

 

 

麻雀強さ(上手さ)ランキング3位【印南善一】

●画像出典:onecall2ch.com

哲が雀士になる前から「哲ちゃん」「印南」と呼び合う仲。

戦後流行した覚せい剤であるヒロポンにハマってしまいながら、覚醒した時の麻雀は最強

牌が透けて見えると豪語する「ガン牌」は、当時竹でできていた麻雀パイの竹の木目でその牌を判別していた記憶力の天才。ただ、これは覚せい作用によるものと思われ、覚醒していない時は普通の雀士。

哲との勝負では、圧勝の末にガン牌をやめた印南が逆転負けするという始末。
だが、どこの雀荘にも出入り禁止をくらうほど、無敵を誇っていたほどの雀士。

ちなみに「坊や哲」において、印南と哲の試合が一番の名勝負と言われている。

 

 

麻雀強さ(上手さ)ランキング2位【坊や哲】

●画像出典:東映アニメーション!

坊や哲の主人公。本名は阿佐田哲也。

房州を師と仰ぐ雀士で、天運と呼ばれた強運を持つ男。雀聖と呼ばれるほどの存在となり、次々と玄人たちを倒していく。

そんな雀聖も作中では何度か敗北している。

最初は房州。のちに師匠となるのだが、房州が哲の麻雀の理論を変えたと言っていいほど影響力の高い存在で、その負けが哲が最強と言われる所以。

始めは運が大きく左右すると思われていた麻雀だが、如何にイカサマを駆使して華麗に勝つことが重要か。サイコロの目を操り、積み込みやツバメ返しなど多彩のイカサマを房州に伝授される。

強さランキング4位のドサ健にも一度敗北しているが、2度目の勝負では勝利。

名実ともに最強の雀士だ。

 

 

 

麻雀強さ(上手さ)ランキング1位【房州】

●画像出典:ミドルエッジ

本名は剣崎六郎。

物語の序盤で登場。新宿の雀荘を荒らしていた哲に対してイカサマをして勝利。哲が勝つと思われていた試合をひっくり返し、哲が弟子入りするほどの実力。

始めは哲と新宿で最強のコンビとして活動していたが、サイコロを自由に操っていた腕が衰えてきたことにより引退宣言。

その後、息子の中(あたる君)がきっかけで久々に哲と打つことになるが、以前よりもキレが増しているような感じ。哲は苦戦する。

だが、他家の槓(カン)を見逃してしまった事により、形勢は逆転。その後はイカサマなしの平手で勝負!

そして天和・純正九連宝燈をあがって哲に勝利する

他界してからは哲の背後に亡霊となって現れ、愛弟子を幾度となく手助けする。

哲にとっては師匠であり、あこがれの雀士である。

 

-坊や哲, 懐かしい漫画・アニメ

執筆者:

関連記事

ダイの大冒険【強さランキング30位~1位】完全決定版

  ドラクエをモチーフにした少年ジャンプで連載された漫画「DRAGON QUEST-ダイの大冒険-」。 ジャンプでは1989年~1996年の7年間連載されて、コミックは37巻(文庫版は22巻 …

【マクロスシリーズ】歴代歌姫・ヒロイン歌唱力ランキング

「マクロスシリーズ」は、1982年に放送されたTVアニメ『超時空要塞マクロス』から始まりました。 その「マクロスシリーズ」における基本要素<バルキリー(可変戦闘機)・三角関係・歌>のひとつ、「歌」を象 …